2007年03月01日

お店の紹介

prologo1.gif
 
 この建物は約90年前(明治時代)「利水の神様」と言われた加藤清正が造った上井手川(白川から坪井川へと流れている)の水の恩恵を受け、水車を動力とした製粉工場として建てられたものです。
 当時の動力源としての水車はこの通り沿いに24基もあり、製粉をはじめ、製油、製材に利用され、産業を発展させてきたと言われています。
 30年前迄は製粉工場として活躍していたこの建物を、町おこしの為にもう一度復活させようと周りの方々の協力を得て、現在に至っております。
 店内中央には当時を偲ばせる働きものの水車が、今もなお水をくみ上げ訪れる人々に癒しを与えてくれています。
 水車物語をいう名の由来は、そんな水車の再現を研究発表を通して、心待ちにしていた小学生達の希望にそってつけられたものです。(地階に展示)


prologo2.gif

 オープン以来、様々な方々のご協力を得て、ギャラリーやライブ等にご利用頂いております。
※熊日新聞「今週のギャラリー」欄に掲載中
 ギャラリー・ライブ等をご利用希望の方はご相談下さい。またこれらの芸術を堪能しながら、ゆっくりとおくつろぎ頂ける様、カフェも併設しております。


prologo3.gif

 自家製粉の米の粉を使用した手作りの甘味をはじめ、パン・ドリンクなど、当店オリジナルのものを提供させて頂いております。是非ご賞味下さい。

propict1.gif


prologo4.gif

 当店自慢のだんごの粉、六穀粉(玄米・玄麦・黒豆・はと麦・そば・米粉)そば粉をはじめ、なつかしの玄米ポン菓子や手作りお米のクッキーも販売しております。お土産にいかがですか?
posted by mizuoto at 00:00| お店の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。